当社の価格決定方式
 
どうしてこんなに安くできるの?とよく質問されます。
実は私達は価格決定に当り、通常の生産原価方式でなく、年間利益目標に従って、例えば本年度は20万円の利益が出れば良いと考え、売上を100万円とすれば、いかにすれば80万円に総原価を圧縮できるかと種々の研究をし、80万円に抑えることができると判明した段階で当社の生産量と売上100万円を対比させ、1個いくらで売れば良いのかと決定します。もし従来通りの1個生産するのにいくらの経費と考えると売値を下げていくことは、とても困難になります。お客様の利益の増大を計るには当社の価格決定方式がよいのではないでしょうか。
ただ、この価格決定方式には当社とお客様双方に矛盾が生まれる点もあります。当社の不利益はデータ料が重い。黒ベタインク使用面積が大きく、生産効率が悪くなる、三次色の微妙な色出し負担にも単純色と同じ料金でやらなくてはならない等、生産現場からの不平も多く出る。しかし、年間の総売上の中身を見ると、受注比率から見て、現在の価格設定方式が今後とも売値を下げることができるので、当社はこうした矛盾を乗り越えて受注しています。
結果としてお客様の財布から出る金額に着目していただくとお判りいただけると思いますが、ご負担は少ないはずです。お互いの主張をぶつけ合うと価格は高くなりますが、お互いの主張を譲り合えば、もっともっと価格は安くなると思いますので、気長にお付き合い下さい。今後とも、あらゆるアイディアを屈指して、価格研究をして参りたいと思っています。
当社からたった一つのお願いがあります。データが印刷用にされていないデタラメ入稿があります。これだけはご勘弁願います。双方に不利益です。1ヶ所、2ヶ所は無料で直しますが余り多いと加金されます。
目次へ戻る
トップページへ戻る